आपका स्वागत है

Yo Yo Honey Singhライブ@バンガロール【21.10.09】

おはこんばんちは🙂 あすゆき(@asliyuuki)です。待てどもデリーNCRでライブがないので、バンガロールに行って来た!誰も読みたくなくても書きたいことを書きたいだけ書く🔥

ライブ@バンガロール

 

View this post on Instagram

 

A post shared by XU Bangalore (@xubangalore)

今回のハコ

今回は、バンガロールの5つ星ホテルリーラ・パレスの地下二階にあるクラブ・バーXUでした。小さくていい感じ!このあいだのハイデラバードは渋谷AXって感じで、今回は下北沢Gardenって感じの規模感かな?ま、前回はちゃんとしたライブ会場だったけど、今回はクラブです。

上のインスタポストにも書いてあるように【5PM Onwards】とあるので前回の経験を踏まえて、DJタイムとかでライブ開始は2時間くらい経った19時くらいかな〜?と思って行くと、まだ開場もしてなかった🤣🤣🤣ザ・インド時間。そうだ、ここはインドだった(笑)結局、開場したのは19時半くらいで、ライブが始まったのは21時半くらい。

日本のライブってワンドリンク制的なシステムがあるけど、インドはありません。やっぱり一流ホテルのクラブだから、値段はお高めでした。一番安いビールしか頼めませーん!!🤣🤣

セットリスト

1. Chaar Botal Vodka / 2. Haye Mera Dil (Ft. Alfaaz) / 3. Billo Tu Agg (Ft. Shinghsta) 一時中断 / 4. Jingle Bell (Ft. Hommie Dilliwala) / 5. Dope Shope / 6. Angreji Beat / 7. Dil Chori / 8. Blue Eyes / 9. Modern Ranjha (Singhsta) / 10. Brawn Rang / 11. Saiyaan Ji / 12. Bebo / 13. Sunny Sunny / 14. Love Dose / 15. High Heel / 16. Birthday Bash / 17. Lungi Dance / 18. Yaar Naa Miley / 19. Manali Trance / 20. Main Sharabi / 21. Jingle Bell (2回目) / 22. Dil Chori (2回目) / 23. Party All Night

今回は、ばっちりセットリストも覚えてきた❤️ピンクは初めて聞いた曲。意外だったのは、ある程度ライブでやる定番曲があるとはいえ、毎回やる曲が同じってわけじゃないのね。Yaar Naa MileyとManali Tranceは、これもやるんだー!となんか意外に感じた。てか、Manali Tranceめっちゃ熱いじゃん😍🔥 トランスどころか、チルどころか、これめっちゃライブ向きの曲なのね。あと今回は、Singhstaのソロ曲 Modern Ranjhaも👍

今回の気付き

はーい🙋‍♀️ 先生、今回の気付きをまとめます!

最初の4曲:それぞれの曲で登場する

Yo Yo Honey Singhのライブ、と言ってもソロじゃなくて、彼のギャング(仲間)たちを引き連れてライブをしてます。Alfaaz、Singhsta、Hommie Dilliwala。で、今回気づいたのは最初の4曲で順番に登場してるのね。

「Chaar Botal Vodka」で本人登場。前回もこの曲がオープニングだった。今回は2曲めでAlfaazの「Haye Mera Dil」でAlfaazが登場。3曲めはSinghstaの「Billo Tu Agg」でSinghstaが登場。んで4曲目でHommieの「Jingle Bell」でHommie登場。なるほど〜。

ただ曲流してるだけだった🤣

このあいだは気付いてなかったのだけど、曲ってそのまま流してるだけだった(笑)日本の感覚だとライブとかコンサートって、歌声の入ってないトラックのみを流して、そこで本人が歌う生声を聞けるのがライブ✨って感じじゃないでしょうか。インドは、ただいつもの曲を流してそれに合わせて歌っているだけだった。カラオケでもない🤣 ちなみにライブでは後ろに彼のチームのドラマーと、DJがいます。ドラムがある分、迫力あってカッコイイんだけどね。

あと多分だけど、曲順を決めてないんじゃないかな?だから、曲が終わると次の曲のアカペラを始めるんだと思う。ある程度やる曲が決まってても、彼の気分で決めてるんじゃないかな?なんて感じた。

撮影はアフタームービー(Instagramでの拡散用)

前回のライブの時に本格的な撮影班が入っていたけど、どこかでまとまって放映されたわけでもなくて、不思議に思っていたけど、最近分かったのはInstagramでの拡散用なのだ、ということ。1時間半のライブがまるまる公開されるわけではないけど、数分のアフタームービーになってInstagramでシェアされています。インドではInstagramがプロモーションにおいて重要なのかな。それでも、ライブがたった数分になっちゃってもったいない。YouTubeとかであげればいいのに。ライブの告知や宣伝もだけど、あまり上手じゃない(あんま商売っ気ない、別に気にしてない?!)なぁと思います。

MVPは、SinghstaとHommie✨

今回のライブは正直言うと、一曲目のオープニングが一番の盛り上がりだったかもしれない😦😳 ハコ自体も小さかったし客入りもそこまでだったのに驚きでした。最初の方は、前の方で揉み合いになって曲が中断したりしたけど、後半は前のほうも空いてたし、途中で帰っていく?後ろの方に行くお客さんもいました。

これって地域差なのかな?と。ちょうど一週間前、北インドのプラヤーグラージでライブがあったのだけど、これは野外ライブで何千人ものの集客で大盛況。このあいだのハイデラバードも盛況だったけど、ハイデラバードは南インドだけどウルドゥー語も州公用語。つまり彼の曲はそのまま通じる。でもバンガロールまで南下しちゃうと、ヒンディー語、パンジャービー語で歌っている彼の人気度は変わるのかな?と感じました。

後ろの方で見てたけど、前の方が空いてたから、写真撮りがてらどこらへんまで前に行けるかな?と思ってふらりと歩いてったら二列目くらいまでスイスイ行けちゃって、そしたら一番前の列にいた女の子が手を引っ張ってきたの😳 あなたも来なよって感じで。やっぱりインドでは最前列は女の子のもの❤️(笑)っていう文化なのかな。数曲だったけど前で見れて楽しかったー。

今回のハニー・シンは、後半近く、何かお気に召さないことがあったのか?疲れちゃったのか?元気が無くなっちゃったのかほぼ棒立ちでラップ歌ってた🤣🤣いや、でもたしかにハコの大きさとかオーディエンスの反応も大事だよね。

そんな感じだったので、最後ステージで輝いてたのはSinghstaとHommieでピョンピョン飛び跳ねて歌ってて可愛かった(二人とも私より年下)。なんでそんなにアグレッシブなのー!て思ったけど、もともとファンで一緒にステージで歌えるなんて夢みたいなことだよね。でもでも、ふたりのアーティストとしてのキャリアはどうなるんだろう、ともすごく思う。結局、仲違いした人たちはみんなビッグになった。アーティストって自分のパッションがあって、簡単に誰かに合わせたり迎合したりできなくて、そういうもんなんじゃないかとも思う。

でも大好きな人と一緒に仕事できるなら嬉しいしね。でも彼のサポートなしに人気になれたら一番いいよね。アーティストって難しいね、なんてどーでもいいことを考えてライブは終わりました。

今回も楽しかった🧡 早くデリーNCRでライブしてほしいなぁ。

 

あすゆき

最後までお読みいただき、ありがとうございました🧡

● ブログ村に参加しました。ポチしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

● ご意見・ご感想を、Twitterやコメントでお待ちしております!
Twitter @asliyuuki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。